ノルアドレナリン Noradrenaline(ノルエピネフリン,Norepinephrine)

7-31-2014 updated

名称の由来

General


アドレナリンを参照。このページでは特に区別せずに両方使います。

ノルエピネフリン作動性ニューロン

General


ノルエピネフリン作動性ニューロンは,中枢では青斑核 ceruleus に集中して存在し,ここから大脳新皮質 neocortex や小脳 cerebellum など,広い領域に投射している(1)。

 

Ceruleus からの刺激は,集中力や覚醒レベルを制御している。恐れや驚きといった感情が生じると,ceruleus からノルアドレナリンが分泌され,いわゆる「闘争か逃避か」の準備がなされる(1)。

また,交感神経からもノルエピネフリンが放出され,血圧と血糖値を上昇させる。

受容体 Receptor


> アドレナリン(エピネフリン)には,α および β の2種類の受容体が存在する(1)。

> α 受容体は,末梢の血管を収縮させるという α 作用を示す(1)。

> β 受容体は,心拍数を増加させるという β 作用を示す(1)。

> エピネフリンは α および β の両方の受容体に作用するが,ノルエピネフリンは主に α に作用する(1)。

シナプスにおけるノルアドレナリン

General


Wikipedia ノルアドレナリンより転載


> ラット視床下部の VMN にノルエピネフリンを長期間注入すると,肥満を呈する(2D)。

References

  1. 河合良訓 監修 2005a. 脳単. 株式会社エヌ・ティー・エス.
  2. Levin and Sullivan 1989a. Differences in saccharin-induced cerebral glucose utilization between obesity-prone and -resistant rats. Brain Res 488, 221-232.