拮抗的多面発現説: Antagonistic pleiotropy theory

11-5-2016 updated

  1. 概要: 拮抗的多面発現説とは

関連項目


概要: 拮抗的多面発現説とは

William (1957, ref 1) が提唱したとされている(2)。若いうちに適応度の増大をもたらす遺伝子が,のちに老化を促進する機能を示すために,老化は進化の過程で淘汰されないという考え方である。

 

  • ... there was some unbreakable or perfectly rigid linkage between some individually beneficial trait(s) and the assumed to be adverse trait of aging (2).

 

ただし,Kirkwood 2005a (3) では,「若いうちには有利で,のちに老化を促進してしまう遺伝子」の実例はほとんどないと述べられている。

 

コメント: 0

References

  1. Williams 1957a. Evolution 11, 398-411.
  2. Goldsmith 2013a. Arguments against non-programmed aging theories. Biochemistry (Moscow) 78, 971-978.