アセチルコリン: Acetylcholine, ACh

12-2-2016 updated

  1. 概要: アセチルコリンとは

関連項目



概要: アセチルコリンとは

アセチルコリンは1914年に英国の生理学者ヘンリー・デイルによって発見された最初の神経伝達物質である。副交感神経や脊髄運動神経で主に働くほか,中枢でも重要である。

 

> マイネルト基底核では,コリン作動性ニューロンが9割を占める(1)。

> アルツハイマー病患者で不足がみられる(1)。

生合成

> コリンアセチルトランスフェラーゼによって,コリンとアセチルCoAから合成される(1)。

> 有機水銀はコリンアセチルトランスフェラーゼの作用を阻害する(1)。

神経伝達物質としての ACh

> ボツリヌス毒素はアセチルコリンの放出を阻害し,全身の筋肉を弛緩させる(1)。

> ACh はシナプスから放出されたあとアセチルコリンエステラーゼによって直ちに分解される(1)。

: サリンはこの酵素の阻害剤である。筋肉が収縮を続け,呼吸困難などを引き起こす。

アセチルコリン受容体

2種類の受容体があり,神経筋接合部と自律神経節にはニコチン受容体が,中枢神経にはムスカリン受容体が存在する(1)。

 

> 南米の矢毒クラーレの有毒成分ツボクラリンは,ニコチン受容体に結合しAChの作用を阻害する(1)。

> ナス科の植物ベラドンナに含まれるアトロピンやスコポラミンは,ムスカリン受容体を阻害する(1)。

: 「ハムレット」で父王の毒殺に用いられたのがベラドンナである。

References

  1. 河合良訓 監修 2005a. 脳単. 株式会社エヌ・ティー・エス.