Olfactory bulb, 嗅球

6-17-2015 updated

  1. 概要: 嗅球とは
  2. 嗅球の層構造
  3. 嗅覚の個体差
  4. 嗅覚と精神病

関連項目

  • ラットの olfactory bulb


嗅球とは

嗅球 olfactory bulb とは,嗅覚神経の入力を受ける脊椎動物の脳組織の一部である。ヒトでは右図の位置にある(4)。

  1. 嗅球 Olfactory bulb
  2. 僧帽細胞 Mitral cell
  3. 骨(篩骨の篩板)
  4. 鼻粘膜上皮
  5. 嗅糸球
  6. 嗅覚ニューロン Olfactory receptor neuron

 

哺乳類は約 1,000 個の嗅覚受容体遺伝子をもっており,図の 6 で示される嗅覚ニューロンには,そのうち1種類のみが発現している(2)。図では,このことが赤,青,緑の 3 色で表されている。


同じ嗅覚受容体を発現する嗅覚ニューロンは,一般に嗅糸球(図の5)で収束する。この収束したシグナルを,僧帽細胞 mirtal cell が受けとり,さらに上位の神経へと伝える。

嗅球の層構造

表面に近い方から,7つの層がある(1)。

 

1. Olfactory nerve layer (ONL)

2. Glomerular layer (GL)

3. External plexiform layer (EPL)

4. Mitral cell layer (MCL)

5. Internal plexiform layer (IPL)

6. Granule cell layer (GCL)

7. Subependymal zone (SZ)

嗅覚の個体差

> 8匹のラットに heptanal などの臭いを嗅がせたとき,嗅球で活性化される部位は大体同じである(3)。

: fMRI での測定。ただし,細かい部分ではもちろん個体差が認められる。

: 同じラットに同じ臭いを繰り返し嗅がせた場合にも,概ね同じ部位が活性化される。

嗅覚と精神病

コメント: 0

References

  1. Bailey et al. 1993a. J Comp Neurol 328, 501-526.
  2. Mombaerts 2004a. Odorant receptor gene choice in olfactory sensory neurons: the one receptor-one neuron hypothesis revisited. Curr Opin Neurobiol 14, 31-36.
  3. Schafer et al. 2006a. Reproducibility of odor maps by fMRI in rodents. NeuroImage 31, 1238-1246.
  4. "Olfactory system" by Chabacano - from Image:Brain human sagittal section.svg Image:Head lateral mouth anatomy.jpg by Patrick J. Lynch, medical illustrator. Licensed under CC 表示-継承 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.