低血糖の影響

8-9-2014 updated

  1. ホルモンの応答
  2. 脳の応答

関連項目


ホルモンの応答


> 血糖値を下げる作用のあるホルモン,インスリン insulin の血中量が低下する(2)。

 

> 血糖値を上げる作用のあるホルモン,グルカゴン glucagon の血中量が上昇する(2)。

 

> 血糖値を上げる作用のあるホルモン,エピネフリン epinephrine の分泌,血中量が上昇する(2)。

 

 

脳の応答


> 低血糖ラットモデル 3dRH では,低血糖に曝されるとその後の脳 brain のグルコース代謝が変化(1R)。

: 血糖値が通常の場合,脳は多くのグルコースを消費するようになる。

: 血糖値が低い場合,脳はグルコース消費が低下する。

: 脳がグルコース消費を柔軟に変化させる能力を獲得する,と考えてよいか。

 

一般に,低血糖になったときの応答は,繰り返し低血糖を経験するにつれて弱くなってしまう。この現象を HAAF (hypoglycemia-associated autonomic failure) という(2)。

References

  1. Jiang et al. 2009a. Recurrent antecedent hypoglycemia alters neuronal oxidative metabolism in vivo. Diabetes 58, 1266-1274.
  2. Cryer 2013a (Review). Mechanisms of hypoglycemia-associated autonomic failure in diabetes. New Eng J Med 369, 362-372.