アミノ酸,糖質,脂質の目次(旧)

2015 年 2 月に目次のページを移動しました。下記の目次またはサイト内検索をご利用下さい。



HC, homocarnosine, ホモカルノシン

GABA (γ-アミノ酪酸,抑制性神経伝達物質) とヒスチジン His のジペプチド。脳,脳脊髄液,尿中に存在し,ニューロンで合成される。てんかん epilepsy などで発生する痙攣を抑制する作用がある。脳神経の量や機能のマーカーとして使われる。

NAAG, N-Acetyl aspartate glutamate, N-アセチルアスパラギン酸グルタミン酸

NAAとグルタミン酸から成るジペプチド。神経系に存在し,脳での濃度は 0.6 - 3 mM 程度。興奮性の神経伝達や Glu ソースとして機能すると考えられている。

PYY, peptide YY3-36

食後に腸管のL細胞から分泌され,視床下部 hypothalamus に作用して食欲抑制作用を示すペプチド。同様に消化管(胃)から分泌されるホルモンにグレリン ghrelin があるが,こちらは食欲促進作用を示す。

 

糖質(炭水化物), Carbohydrate

Glc, glucose, グルコース

ブドウ糖とも呼ばれる代表的な単糖の一つ。C6H12O6。生物が主要なエネルギー源とする物質の一つである。


Glycogen, グリコーゲン

D-グルコースがグリコシド結合によって重合した物質。余剰のグルコースを一時的に貯蔵する。


Glycerol, グリセロール


脂質, Lipid

  1. 脂質の概説 Overview lipid
  2. リポタンパク質 Lipoproteins

脂肪酸 Fatty acid


  1. 概要と必須脂肪酸 Essential FA
  2. 遊離脂肪酸 Free FA

飽和脂肪酸 SFA

  1. パルミチン酸 Palmitic acid 16:0

一価不飽和脂肪酸 MUFA


多価不飽和脂肪酸 PUFA

  1. エイコサペンタエン酸 EPA 20:5n-3
  2. ドコサヘキサエン酸 DHA 22:6n-3

ステロイド Steroid

Cortisol, コルチゾル

ストレスなどに応答して副腎皮質から分泌されるステロイドホルモン。

 

 

ステロール Sterol

Cholesterol, コレステロール

細胞膜の重要な成分であるステロイドの一種。いわゆる「善玉/悪玉コレステロール」は,コレステロールとリポタンパク質の複合体を示しており,コレステロール自体のことではない。

 

 


中性脂質とその類縁体 Neutral lipids


TAG, triacylglycerol, トリアシルグリセロール

 

脂肪酸3分子とグリセロール1分子がエステル結合してできた化合物。エネルギー貯蔵のための脂質の大部分を占め,いわゆる「脂肪」に相当する。

DAG, diacylglycerol, ジアシルグリセロール

脂肪酸 2 分子とグリセロール 1 分子がエステル結合してできた化合物。TAG の加水分解で生じるほか,一部の生物では血液中の脂質輸送に使われる。

 

MAG, monoacylglycerol, モノアシルグリセロール

脂肪酸 1 分子とグリセロール 1 分子がエステル結合してできた化合物。TAG の加水分解で生じる。

CE, cholesteryl ester, cholesterol ester, コレステリルエステル

 

脂肪酸とコレステロールがエステル結合してできた化合物。

 

 

リポタンパク質 Lipoprotein


CM, chyromicron, キロミクロン

最も比重が軽い(脂質の割合が高い)リポタンパク質 lipoprotein。食物中の脂質を腸から他の組織に輸送するのが主な機能である。

コメント: 0