Commands

12-6-2014 updated

R, MATLAB, Unix, Linux, Mac OS terminal などで使われるコマンドには共通したものが多い。このページはコマンドを一覧にして紹介し,それぞれのページで各 platform ごとの違いにも言及する。

 

  • 青字が実際のコマンドを示す。
  • >>, >, $ はそれぞれ MATLAB, R & Windows7 command prompt, MacOS X terminal のコマンドプロンプトである。 
  • 斜体 + アンダーラインの部分には,実際のファイル名,フォルダパス,変数名などを入れる。

関連項目


B

bar

R: > bar(A) でデータAの棒グラフを表示。

 

bench

MATLAB: コンピューターの処理速度を表示。

boxplot

MATLAB: > boxplot(A) で変数Aのボックスプロットを表示。A はカラムベクターか行列。

C

cat

MacOS X: $ cat filename で,そのファイルの内容をターミナル上に表示。Windows では type。

cd

MATLAB: >> cd 現在のフォルダを表示, >> cd folderpath でフォルダを変更, >> cd .. で一つ上のフォルダに移動。

MacOS X: $ cd でホームディレクトリ,$ cd folderpath でそのフォルダ,$ cd .. で上の階層に移動。

 

ceil

MATLAB: >>ceil(A) で数値Aを正の無限大方向の整数に丸める(切り上げ)。切り捨ては floor, 四捨五入は round。


clc

MATLAB: Command window の文字を消し,カーソルを一番左上にもってくる。

 

clear

MATLAB: Workspace にある変数をすべて消去する。

 

clearvars

MATLAB: >> clearvars A B C で,変数 A, B, C を消去する。clear 関数 + 変数の選択。

clf

MATLAB: Current figure (figure 1) を消去する。

clustergram

MATLAB: 行列データのクラスター解析とヒートマップの作成をする。

d

display

MATLAB: >> display('sentence') で Command Window 上に文章を表示。

e

edit

MATLAB: >> edit filename で ファイルを編集する。edit だけだと新規作成になる。

F

figure

MATLAB: フィギュアウィンドウを開く。新しいウィンドウで図を開きたいときに,>> figure, としてからコマンドを入れる。

 

find (Mac, MATLAB)

Mac OS X: 指定した規則に従って,ファイルやフォルダを検索する。

MATLAB: 特定の条件にあてはまる要素を検索し,位置情報として保存する。

 

fix

MATLAB: >> fix(A) で数値をゼロ方向の最も近い整数に丸める。正なら切捨て,負なら切り上げになる。

fliplr

MATLAB: >> fliplr(x) で,行列 x の左右を反転する。

G

get(gca)

MATLAB: Current axis のパラメータ一覧を表示する。axis の意味合いは広く,プロットエリアの縦横比やグリッドの有無も含まれる。set(gca) で変更できる。

get(gcf)

MATLAB: Current figure のパラメータ一覧を表示する。set(gcf) で変更できる。

getwd()

R: 現在のワーキングディレクトリを表示する。 Windows で Documents と出てきたら,My documents のことである。

 

grep

Mac OSX: ファイル内の文字列を検索する。フォルダを検索対象に指定することもできる。

HeatMap

MATLAB: >> HeatMap(A) で変数 A のヒートマップを表示。clustergram と違い,欠損値 NaN を含んでいてもOK。

hist

MATLAB: >> hist(A) で変数 A のヒストグラムを表示。

I

imagesc

MATLAB: >> imagesc(matrix, [clow chigh]) で,行列のカラーマップを描く。clow, chigh がカラーの範囲で,続けて colorbar とするとカラーバーを表示することができる。


imrotate

MATLAB: >> imrotate(matrix角度) で,行列を回転させる。

input

MATLAB: >> input('text') で,文章を表示してユーザーの入力を要求。

isnan

MATLAB: >> input(matrix) で,行列やベクター中にある欠損値 NaN (not a number) の位置を示す。

K

knnimpute

MATLAB: 行列中の欠損値を,位置的に一番近い値で置換する

 

lookfor

MATLAB: >> lookfor keyword キーワードを含むコマンドと説明を表示。正確な名前がわからないとき help のかわりに。

 

ls, ls()

R: > ls() で現在のワーキングディレクトリ内にあるデータファイルの一覧を表示。

MATLAB: >> ls で現在のフォルダ内にあるファイルの一覧を表示。

MacOS X: $ ls で現在のフォルダ内にあるファイルの一覧を表示。

Windows 7: 信じられないことに,ls ではなく > dir である。

magic

MATLAB: >> magic(n) で,n x n の魔方陣を作成。

mdfind

MATLAB: mdfind + keyword, キーワードを含むファイルをターミナル上で検索。

mean

MATLAB: >>mean(x) で,変数 x の平均値を表示。

msgbox

MATLAB: >>h=msgbox('text') で,そのテキストとOKのメッセージボックスを表示。

namelengthmax

MATLAB: 変数名に設定できる最大の文字数を表示。一般には 63 である。


normrnd

MATLAB: 正規分布に従った乱数を作る。>> normrnd(平均値,標準偏差,,,...)

Rでは rnorm である。> rnorm(乱数の数,mean=乱数の平均値,sd=乱数の標準偏差)

numel

MATLAB: >> numel(A) で行列 A の要素数を返す。例えば 5 x 6 行列なら 30 である。

open

MacOS X: $ open filename で,ファイルをデフォルトのアプリケーションで開く。

MATLAB: >> open filename で同上。Excel file の場合はインポートになる。

questdlg

MATLAB: Yes, No などの項目からユーザーに選択させるためのダイアログボックスを表示。

plot

MATLAB: データ A の散布図を表示する。通常は 2 つの変数で plot (A,B) の形になる。

 

pwd

MATLAB: 現在のフォルダを表示する。

rand

MATLAB: >> rand(n) で,ランダムな数を要素にもつ n x n 行列を作る。

 

randn

 

MATLAB: >> randn(n) で,正規分布に従う擬似乱数を要素にもつ n x n 行列を作る。

read.table(pipe("pbpaste"))

R: クリップボードからデータフレームを作る。

rm

MacOS X: ファイルまたは空のディレクトリを削除する。-r オプションで空でないディレクトリも消せる。

rnorm

R: 正規分布に従った乱数を作る。> rnorm(乱数の数,mean=乱数の平均値,sd=乱数の標準偏差) 

MATLAB では normrnd である。


round

MATLAB: > round(A) で,数値 A を最も近い整数に丸める(四捨五入)。

save

MATLAB: >> save X で Work Space にある変数を X.mat ファイルとして保存する。

scatter

MATLAB: >> scatter(A,B) で 変数 A と B の散布図を描く。

search()

R: 現在,自分が読み込んでいるパッケージの一覧を見る。

setwd()

R: ワーキングディレクトリを設定する。( )内にはフォルダのパスを入れる。

size

MATLAB: m x n 行列 A に対して,>> size(A) で m と n を返す。>> [x,y]=size(A) とすると,x=m, y=n となる。

subplot

MATLAB: 複数の図を1つの Figure の中に表示させる。>> subplot(2,1,1),plot(...); subplot(2,1,2),plot(...) のように使う。

transpose

MATLAB: n 行 m 列の行列から,m 行 n 列の行列を作る。

tpdf

MATLAB: >> tpdf(X,V) で,変数 X に含まれる値について,自由度 V の Student の t 分布の確率密度関数 probability density function を返す。

type

MATLAB:  インストールされている関数が,もともとの built-in か外部関数かを表示する。

Windows 7: > type filename でファイルの内容を表示する。Unix 系コマンドの cat に相当する。

ver

MATLAB: インストールされている Simulink と toolbox の一覧やバージョンを表示する。

wget

MacOS X: サイトをダウンロードする。

which

MATLAB: >> which function で,関数のファイルの場所を示す。

Z

zeros

MATLAB: >> zeros(m,n) で,m 行 n 列の要素が全て 0 の行列を作る。何の役に立つのかと思うが,けっこう大事。

zip

MaxOS: 圧縮ファイルを作る。

 

References

  1. http://macwiki.sourceforge.jp/wiki/index.php/OSXの固有コマンド