島皮質 Insular cortex, insula (rat)

12-16-2013 updated

  1. 概要
  2. AI: agranular insular cortex
  3. DI: dysgranular insular cortex
  4. GI: granular insular cortex

概要

Researcher


ラットでは,下図 AI の周辺に島皮質 insular cortex が存在する。図は Rat Brain Atlas (1)より転載。

 

機能は,ヒトの島皮質と同様に感覚情報の統合であると考えられている(2)。視床からの入力のほか,辺縁系 limbic structures からの入力も受けている。


層構造


Insular cortex の大部分は,一般的な6層構造をもっていない(2)。Layer IV (granular layer) が欠けている部分が多く,層構造によって以下のように分類される。

 

  • Agranular insular cortex (AI): Layer IV がない。
  • Dysgranular insular cortex (DI): 未発達な layer IV をもつ。
  • Granular insular cortex (GI): 通常の layer IV をもつ。 

 

> AI, DI, GI は機能的にも分化している(2)。

: AI は,nociceptive processing, autonomic response を担う。

: DI, GI は味覚 gustatory および内臓 visceral からの情報を処理する。

 

> 顔面の動き,熱の感知も insular cortex の活性化をもたらす(2)。

References

  1. http://www.scribd.com/doc/22822097/Rat-Brain-Atlas
  2. Kobayashi 2011a (Review). Macroscopic connection of rat insular cortex: anatomical bases underlying its physiological functions. Int Rev Neurobiol 97, 285-303.