ポジトロン断層法 PET

1-23-2016 updated

  1. 概要: PET とは

関連項目



概要: PET とは

ポジトロン断層法 positron emission tomography, PET は,陽電子を利用した生体イメージング法である。研究および臨床で使われている生体イメージング法は,大体以下の表のような特徴がある。

 

PET は,とくに組織の形態でなく 機能 を解析できるという特徴がある。一方で,組織の高解像度画像を得られないという欠点があり,これを克服するために,近年では他の方法と組み合わせた PET/MRI や PET/CT が使われるようになってきている。

 

方法 原理 解像度 特徴・主な用途など
PET 陽電子の検出 5 mm 被爆する。形態ではなく,グルコースの取り込み量など組織の機能解析が中心。
MRI 核磁気共鳴 1 mm 高価で撮影時間が長いが,形態や機能など応用性が高い。
CT X 線 0.5 mm 被爆する。組織の形態のみ。
超音波画像診断 超音波 1 mm もっとも簡便で安全。組織の形態のみ。

PET では,生体内のタンパク質量,酵素活性,遺伝子発現量などを可視化できる。

コメント: 0

References