統合失調症と幻視

8-28-2015 updated

 

統合失調症患者の視覚系では,主として 幻視 および 初期の情報処理不全 という 2 つの異常が認められる。このページでは,幻視についての情報をまとめる。後者は ganglion cells のページに記載している。

 


統合失調症と幻視

幻覚 hallucination実際の刺激がない状態で,あるように知覚すること を意味する。幻視 visual hallucination と幻聴 auditory verbal hallucination が有名であるが,5 感以外にも様々な感覚(痛み,温度など)で起こる(8)。

 

統合失調症 schizophrenia の患者は,脳 brain における情報処理(認知)やインプットに異常があることが知られている。このページでは,統合失調症における幻視 visual hallucination について詳しく述べるが,多くの点は他の精神疾患でみられる症状と共通である。

 

> Hallucination に関する脳科学研究には,大きく分けて state と trait の2通りの比較方法がある(3I)。

: State は,患者が hallucination を見て/聞いているときといないときの比較。

: Trait は,hallucination を見たことがある/見やすい患者と,そうでない患者の比較。

> 統合失調症 schizophrenia 患者の75%は幻聴を経験,幻視も約30%の人が経験している(3I)。

: 幻聴の方が研究が進んでいる。

: 幻聴 60-80%, 幻視 24-72% という数字もある(4I)。

 

 

幻視に伴う visual cortex の活性化

> 27歳の統合失調症患者に関する fMRI ケースリポート(6R)。4週間前に幻聴,幻視はほぼ毎日見る状態。

: fMRI をとりながら,幻視を見ている間だけボタンを押す。

: 幻視の間に活性化された領域は,higher visual areas, posterior cingulate, right hippocampus, superior parietal lobe, precuneus and right middle temporal gyrus.

 

> PET で cerebral blood flow を測定した論文(9R)。幻聴をもつ患者で活性化された領域 (N=5)。

Bilateral thalamus, left hippocampus/parahippocampal gyrus, right ventral striatum, right hippocampus/ hippocampal gyrus, right anterior cingulate, left orbitofrontal cortex


> 同じ論文では,N=1 の幻聴 + 幻視の患者の解析も行っている(9R)。

Visual, auditory, and multimodal association cortices (BA18, 19, 37, 21, 22, 39), paralimbic cortices, right precuneus, putamen and superior colliculus, left primary sensorimotor cortices, premotor cortex, bilateral anterior cerebellum.



幻視に伴う functional connectivity の変化

> 幻聴の患者と,幻聴+幻視の患者で functional/structural connectivity を比較した論文(4R)。

: 海馬 hippocampus と mPFC が幻聴+幻視の患者で high connectivity。Caudate nucleus も。

: 幻聴+幻視の患者で,海馬と視覚野を結ぶ white matter tract の fractional anisotropy が高い。

: これは structural connectivity と呼ばれ,信号伝達の活性化と関連する。

 

> 幻視を見たことのある統合失調症患者で,visual cortex と他領域の connectivity を調べた報告(3R)。

: Seed-based, voxel-wise whole brain analysis の両方を行っている。

: Seed では amygdala-visual cortex, hippocampus-visual cortex の connectivity が高かった。

: Amygdala との connectivity の方が高く,最も高いのは BA18 領域であった。

: Whole brain では,amygdala-fronto temporal area でも connection があった。

: Amygdala の活性化は,negative な幻覚を見ているために起こると考えている。

: 海馬との connectivity が強く,amygdala は関連していないとする報告もある。

 

> 視覚野 visual cortex と海馬 hippocampus が活性化しているという報告がある(1I)。

> 情動や記憶に関係する海馬と扁桃体 amygdala が幻覚の間に活性化しているという別の報告も(1I)。

視覚刺激への応答の変化


> NMDAR  -/- mice は,視覚および聴覚刺激に対する海馬CA3 の電気応答が wt より大きい(7R)。

: このマウスは統合失調症のモデルで,NMDA 受容体の NR1 サブユニットの発現が wt の 5-10%。

コメント: 0

References

  1. 室橋 2008a (Review). 統合失調症におけるMagnocellular系機能をめぐって. 精神保健研究 54, 63-71.
  2. Kelemen et al. 2013a. Perceptual and cognitive effects of antipsychotics in first-episode schizophrenia: the potential impact of GABA concentration in the visual cortex. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 47, 13-19.
  3. Ford et al. 2014a. Visual hallucinations are associated with hyperconnectivity between the amygdala and visual cortex in people with a diagnosis of schizophrenia. Schizophrenia Bull, in press.
  4. Amad et al. 2014a. The multimodal connectivity of the hippocampal complex in auditory and visual hallucinations. Mol Psychiatry 19, 184-191.
  5. Jardri et al. 2011a. Cortical activations during auditory verbal hallucinations in schizophrenia: a coordinate-based meta-analysis. Am J Phychiatory 168, 1.
  6. Oertel et al. 2007a. Visual hallucinations in schizophrenia investigated with functional magnetic resonance imaging. Psychiatory Res 156, 269-273.
  7. Halane et al. 2009a. Assessment of NMDA receptor NR1 subunit hypofunction in mice as a model for schizophrenia. Genes Brain Behav 8, 661-675.
  8. Blom 2013 (Book). Hallucinations and other sensory deceptions in psychiatric disorders. In: Jardri R (ed) The Neuroscience of Hallucinations. Springer, New York,  pp 43-57.
  9. Silbersweig et al. 1995a. A functional neuroanatomy of hallucinations in schizophrenia. Nature 378, 176-179.