ルクソール・ファスト・ブルー染色

Luxol fast blue staining

2-25-2016 updated

  1. 概要
  2. 染色原理
  3. プロトコール
  4. トラブルシューティング


概要: LFB staining とは

LFB 染色とは,ミエリン鞘 myelin shelth を青く染める染色法である(右図)。


通常は,脳 brain のパラフィン切片に対して行う。凍結切片だと,脳の組織をきれいに保つのが難しいためである。

文献 2 より。


Pons, HE, LFB の同時染色(3)。右上の青い繊維状の領域が LFB で染色された部分である。

マウスの脳切片の LFB/クラシルバイオレット染色(4)。濃い青色が LFB 染色された部分。ラットの脳 のページも参考にして下さい。


染色原理

ルクソールファストブルーは,アルコール可溶性の青色の色素であり,リポタンパク質に結合する。リポタンパク質は,脳ではミエリン鞘に多く存在するため,結果としてミエリン鞘が青く染色される。

 

Neuropil はピンク色に,神経細胞は紫に染色されるが,通常は HE 染色またはクラシルバイオレット染色との二重染色を行うため,青色のみが目立って見える。

コメント: 0

References

  1. ユタ大学の染色マニュアル. pdf file.
  2. Cusick et al. 2014a. Targeting insulin-like growth factor 1 leads to amelioration of inflammatory demyelinating disease. PLoS One 9, e94486.
  3. 英語版 Wikipedia. "Pons - very high mag" by Nephron - Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons.
  4. 英語版 Wikipedia. "Coronal section of a mouse brain stained with Hematoxylin & LFB" by Bmouzon - Own work. Licensed under CC BY-SA 4.0 via Wikimedia Commons.