血糖値 Blood glucose level の一覧

4-8-2017 updated

 

このページは 血糖値の一覧 @本家UBサイト に恒久的に移転しました。このページもネット上に残っていますが,最新の情報はリンク先を参照して下さい。

 


哺乳類 Mammals

生物種 学名

血糖値

(µmol/mL)

文献 条件など
ネコ Cat Felis silvestris catus  4.9 - 5.3  2 2-4歳,炭水化物量の異なる餌を与えているが,血糖値はあまり変わらない。
         
生物種 学名

血糖値

(µmol/mL)

文献 条件など
ヒト Human Homo sapiens 2.7 - 30  4 血糖値と脳のグルコース濃度の関係を調べている論文。この範囲内ではほぼ比例することが示されている。一部グルコースを注射して血糖値を上げている。
    3.58 ± 0.97 5 酵素法とformate を標準物質としたプロトンNMRで,測定値を比較。左は酵素法の値で,NMRでは2.53 ± 0.92 とやや低く出る。
生物種 学名

血糖値

(µmol/mL)

文献 条件など
ラット Rat Rattus norvegicus

8.6 (Control)

6.3 (48 h fast)

7  

両生類 Amphibian

生物種 学名

血糖値

(µmol/mL)

文献 条件など
American bullfrog Rana catesbeiana 0.85 (2.5) 3 手術を行った影響で血糖値が 2.5 mM まで増大したが,24時間後には 0.85 mM 前後で安定した。
         

魚類 Fish

生物種 学名 血糖値 (µmol/mL) 文献 条件など
サメ Shark Squalus acanthias  2.55 - 4.51  1 Spiny dogfish。3-29日間の絶食後。

ニジマス

Rainbow trout

Oncorhynchus mykiss 3.3 - 4.5 3 日間までの絶食ではほとんど変化しない。
コメント: 0

References

  1. deRoos 1994a. Plasma ketone, glucose, lactate, and alanine levels in the vascular supply to and from the brain oh the spiny dogfish shark (Squalus acanthias). J Exp Zool 268, 354-363.
  2. Tan et al. 2011a. Adiponectin profiles are affected by chronic and acute changes in carbohydrate intake in healthy cats. Gen Comp Endocrinol 172, 468-474.
  3. Gibbs et al. 1991a. Plasma levels of glucose, ketone bodies, lactate, and alanine in the vascular supply to and from the brain of the adult American frog (Rana catesbeiana). J Exp Zool 258, 14-23.
  4. Gruetter et al. 1998a. Steady-state cerebral glucose concentrations and transport in the human brain. J Neurochem 70, 397-408.
  5. Kriat et al. 1992a. Quantification of metabolites in human blood serum by proton magnetic resonance spectroscopy. A comparative study of the use of formate and TSP as concentration standards. NMR Biomed 5, 179-184.
  6. Lopez-Luna et al. 2013a. Short-term fasting and welfate prior to slaughter in rainbow trout, Oncorhynchus mykiss. Aquacultre 400-401, 142-147.
  7. Nye et al. 2008a. Glyceroneogenesis is the dominant pathway for triglyceride glycerol synthesis in vivo in the rat. J Biol Chem 283, 27565–27574.