ロイシン, Leu, L

9-10-2017 Last update

 

このページは ロイシン @本家UBサイト に恒久的に移転しました。このページもネット上に残っていますが,最新の情報はリンク先を参照して下さい。

 


  1. 概要: Leu とは
  2. ロイシンと mTOR

関連項目


概要: ロイシン Leu とは

ロイシン(Leu, leucine)は右のような構造をもつ分岐鎖アミノ酸 BCAA である。その他の分岐鎖アミノ酸には,バリン Val およびイソロイシン Ile がある。

Leu の構造

バリン Val

イソロイシン Ile


> ラットでインスリン insulin の分泌を促進する作用がある(1)。

食事中に含まれるロイシンは,食後の血中レプチン leptin 量を増加させる(2)。

ロイシンと mTOR

BCAA のなかでも,とくにロイシンは mTOR を活性化し,タンパク質合成を促進する作用があることが知られている。

コメント: 0

References

  1. Filiputti et al. 2010a. Augmentation of insulin secretion by leucine supplementation in malnourished rats: possible involvement of the phosphatidylinositol 3-phosphate kinase/mammalian target of rapamycin pathway. Metab Clin Exp 59, 635-644.
  2. Lynch et al. 2006a. Leucine in food mediates some of the postprandial rise in plasma leptin concentrations. Am J Physiol Endocrinol Metab 291, E621-630.