ラットの脳 Rat brain

11-26-2014 updated

このページ

  1. 構造と目次
  2. 概要: ラットの脳の特徴
  3. ブレグマ Bregma

 

部分構造など: 下にないもの

  1. ヒトの脳 Human brain
  2. 神経核 Nucleus
  3. 神経細胞 Neuron
  4. アストロサイト Astrocyte
  5. 脳梁 Corpus callosum
  6. 帯状回 Cingulate gyrus
  7. 血液脳関門 BBB

関連項目

  1. 脳の血流 CBF, CBV
  2. 進化的な見地からみた脳 Evolution
  3. 脳のグルコース代謝 Brain glucose metabolism
  4. 脳の乳酸代謝 Brain lactate metabolism
  5. 脳のケトン体代謝 Brain ketone body metab
  6. 脳のトランスクリプトーム Brain transcriptome

 

  1. 記憶 Memory
  2. 作業記憶 Working memory
  3. プレパルス抑制 Prepulse inhibition
  4. 幻覚 Hallucination
  5. 妄想 Delusion
  6. 学習 Learning
  7. 逆転学習 Reversal learning
  8. Devaluation

病気

  1. 統合失調症 Schizophrenia
  2. アルツハイマー病 Alzheimer's disease
  3. パーキンソン病 Parkinson's disease
  4. てんかん Epilepsy

構造と目次

実験動物としてはラットよりもマウスの方が多く使われているように思うが,脳 brain の研究では,脳の大きいラットの使用頻度も高い。霊長類の脳と構造や機能が共通する点も多く,疾病モデルなども数多く作成されている。


ラットの脳は下の図(1)のような形をしており,以下のように多くの構造がヒトの脳と共通している(リンクはラット脳の該当するページに飛びます)。上の目次には,ヒトの脳のページとほぼ共通したものを載せている。



大脳皮質 Cerebral cortex

Prefrontal cortex (PFC), mPFC と海馬の関係

Visual cortex

小脳 Cerebellum
嗅球 Olfactory bulb
海馬 Hippocampus
背側海馬 Dorsal hippocampus
腹側海馬 Ventral hippocampus
鉤状回 Subiculum
脳幹 Brain stem
脊髄 Spinal cord
視神経 Optic nerves

概要: ラットの脳の特徴


> 乳児期(21日ぐらい)のラットでは,母乳の脂質含量が高いためにケトーシス ketosis が起こっている(2)。

: ラット以外では,母乳の脂質含量が低いためにこの現象は起こらない。Guinea-pig では多少ある。

: この時期の脳ではケトン体代謝が活発で,全エネルギーの 30% 程度を占める。


コメント: 0

References

  1. Cheung and Cardinal 2005a. Hippocampal lesions facilitate instrumental learning with delayed reinforcement but induce impulsive choice in rats. BMC Neurosci 6, 36.
  2. Nehlig 2004a (Review). Brain uptake and metabolism of ketone bodies in animal models. Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids, 70, 265-275.